FC2ブログ

J・J・エイブラムス監督の面白さ。

  08, 2014 20:23

フェイスブックに登録していますが、やはり、映画や海外放送に関しては最速で情報を知る事ができます。
          ( 相棒ではフェイスグッドでしたね。
それから検索サイトにはgoogleとyahooをかけてyagoole←スペル覚えていないorz )

本題いきます。

今回も「J・J・エイブラムスからの挑戦状」がまた来ました。


J・J・エイブラムス監督


企画→ 「Star Trek Into Darkness (2013) 監督・製作」
                  「R2-D2をを探せ!キャンペーン」


下記文字クリックで映画comキャンペーンページに飛びます。
映画.com編集部も挑戦!「R2-D2をを探せ!キャンペーン」

正直「スタートレックのような王道モノ」は期待していなかったのですが、
今の人達にも受け入れられるように上手く公式設定をもってきたなぁ、でした。
スポックと言う別の惑星との混血児と敵の攻撃で最小の犠牲で殉死した英雄の父親をもつカーク
この二人の性格は真逆なのに最後には解り合える友人となったり、

今回発売の「Star Trek Into Darkness (2013)」では二人には更なる困難が待っています。

既に敵役がスケール違いで主役扱いですが、そういう所が今風なのかもしれません。

そして、また、探しモノ企画をやるとは・・。

でも、スポックの耳が当選しても正直うれしくないです。

アマゾン限定の「スタートレック・イントゥ・ダークネス」は届きましたが、
こんな企画を持って来るなんて、遊び心が半端ないなぁ、ですよ。

映画館に月に一回の頻度で通っていた時期に「スタートレックの特報」にJ・J・エイブラムス監督が
自ら製作現場と過程や設定を説明するシーンが何度もあったのですが、
観ていて、ゴリ押しが凄いなぁでしたが、作品を観ると、もう、ハマっている自分。

今は2015年公開予定の『スター・ウォーズ』の新作の監督として頑張っているようですが、
これもオールドファンから「俺達のスター・ウォーズをあんな作品にするな」と、
かなり、プレッシャーかけられまくっていますが、

元々、スター・ウォーズに興味が無かった私には、どんな作品に仕上がるのかが楽しみです。
どちらかと言うとカルト系やホラー系ばかり観ていた時期で観客動員数が多い作品は
敢えて無視していました。
サイコやヒッチコック劇場、シャーロックホームズやエルキュールポワロ系ばーっかり観ていました。

オールド系の海外映画が好きな先輩に「スタートレック」の感想を聞きましたが
007やダーティーハリーを全巻そろえている中堅所の方には今の作風が受け付けられないようでした。

追加画像。
「TED2」製作が決まりましたが、これもフェイスブックから。
このノリが「TED」の怖いもの知らずなトコです。


TED


「相棒」のフェイスブック公式も予告あげてますね。

◆本日! よる9時~
相棒season12 【第11話】「デイドリーム」
==========
【出演】 水谷豊 成宮寛貴 原田龍二 ほか
【ゲスト】 雛形あきこ ほか
【脚本】 高橋悠也
【監督】 安養寺 工
【音楽】 池 頼広
【あらすじ】陣川警部補再び登場!悪い予知夢をみる女性准教授を襲う危機。
陣川の依頼で警護に協力した右京は一連の事故に作為的なものを感じとり…。

予告動画 ⇒ http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/movie/

それではあと3時間後・・・お楽しみに!





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?