FC2ブログ

映画 「相棒シリーズ X DAY」

  25, 2013 08:28

【国債暴落】【預金封鎖】


伊丹「つまり預金せずに、古いお札を持っていたら、紙切れになってしまうわけか」



相棒 X-DAY


人気刑事ドラマ「相棒」シリーズのスピンオフで、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一と、
新キャラクターのサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬がコンビを組み、
事件と権力に立ち向かう姿を描く。
不正アクセスと機密情報漏洩の疑いでサイバー犯罪対策課がマークしていた男が死体で発見され、
伊丹と岩月が捜査にあたる。
しかし、目に見えない圧力が2人の捜査を難航させ、やがて事件の裏でうごめく政官財の権力構造と、
金融封鎖計画「X DAY」の存在が明らかになっていく。

伊丹役はシリーズおなじみの川原和久、岩月役に田中圭。
水谷豊演じる杉下右京ら、シリーズの主要キャラクターも登場。
「探偵はBARにいる」「臨場 劇場版」の橋本一監督がメガホンをとった。

======================================================

この映画を観て危機感を持った人は少なくないと思う。
序盤に起こった「銀行のATMの故障」
コレは韓国の銀行で一時、ATMがまったく使えなくなってしまったシステムダウン事件を即、思い出した。

北朝鮮からのウィルス説やウィルスを感染させる経由として中国の回線が使われていたと報道されたり、
とにかく、陰謀論が絶えず伝えられた。
韓国側の使っていたPCがwindows xpと言う、古いOSを使っていた為に起こった自ら招いた事故とも
伝えられたりと、真相は謎のままで終わっている。

ただ、映画での序盤のATMの不具合が後々になって、とんでもない策略のシュミレーションだとは・・・
この映画で伝えたかった事は何だったのか、これからを生きていく人達は考えた方がいいと思う。

特に今作品で初登場したサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬
彼はIT企業に勤めながらも、ITバブルがはじけ、警察のサイバー犯罪対策課に転職した経緯があり
世の価値観の馬鹿馬鹿しさと不条理を味わった人間として
捜査一課刑事・伊丹憲一に対して最初、何も知らない知ろうとはしない一般人よりも学が無い
「正義感だけが熱い刑事」として蔑視しているようでした。
最後にはお互い認め合う仲になりますが、サイバー犯罪捜査官・岩月は敢えて伊丹に真相は伏せています。

相棒シリーズは回を重ねる事に、監督と脚本や製作スタッフが変わってきています。

警察の内部の対立にはじまり、最近は政治家や官僚との裏取引。ネット絡みの事件や時事ネタも
スペシャルや最終回などで扱う事が多くなっりました。

私の記憶に強く残っている話は相棒最終回での某国の工作員からの「ハニートラップ」を
テーマにしたストーリーだった。
その後に続いた報道ステーションでは男女の立場は入れ替わるものの「ハニートラップ」を
仕掛けられた米国の報道に、テレ朝の実況からは「まだ相棒が続いているのか」とコメントがあったり
最終回放送後も相棒をリアルに見ている不思議な感覚に陥ったりしてしまった。

今回の「X DAY」については「国債の仕組み」など意味不明になると危惧したのか
別リンクで金融や国債に関して解りやすく説明しているページがあったのでリンクを貼っておきます。
下記の色違い文字をクリックで別タブで説明ページに飛びます。

伊丹刑事でも解る!「X DAY」の仕組み


Facebookより爆笑画像が来ました。(相棒ではFacegoodとして名前を変えて扱われています)

テレビ朝日開局55周年記念 相棒season12 元日スペシャル 「ボマー」 待ち遠しいですね。

相棒特番爆笑画像

下画像 恒例のアマゾンへのリンクです。
アフェリエイトブログ登録していないので、ココから飛んでも私には一銭もはいりません。
単に見栄えがいいので貼ってるだけです(笑)


相棒シリーズ X DAY [DVD]相棒シリーズ X DAY [DVD]
(2013/11/02)
田中圭、川原和久 他

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?