FC2ブログ

何故、洋画を観ないの?

  12, 2013 19:38


スタートレックイントゥダークネス


洋画かぶれですいません。
「スタートレックイントゥダークネス」もちろんアマゾン限定版で予約しましたよ。
ブルーレイ発売決定の連絡が入ると即効で予約クリックでした。

監督がJ・J・エイブラムス
それだけでもチェックが入る映画です。

前作ではスポック役の俳優の演技力に驚きましたが、(スポックが二人存在する展開にも参りました)
古くから名高いスタートレックを今の映画でどうやって魅力的に作るかが
解消されて、今回は完全に私はノリノリでしたが、主役であるカークとスポックよりも
敵役が前面に押し出されている展開には脱帽しました。

ダークナイトではジョーカーが主役を食っていましたが、既にチラシで悪役ハリソンが主役扱い。
これは俳優ベネディクト・カンバーバッチの容姿もありますが、
脚本や監督の目論みなんでしょうか? 設定もかっこよかった・・・・。

監督のJ・J・エイブラムスはアメリカでのテレビ放送されたLOSTシリーズと
パーソンオブインタレスト(ジョナサン・ノーラン原案脚本)で大人気。

こんなに忙しい監督があのスタートレックでっていう、
イントゥダークネスでは企画は早々と出来てはいたものの、J・J・エイブラムスがなかなか監督を
引き受けたという公式発言が無かったので、かなりヤキモキさせられました。

既に書いている内容につきあいきれないと思いますので、もう、スタートレック書くのやめます。
J・J・エイブラムスは今はスターウォーズの監督に決まり、今の段階では詳細な情報がまったく
はいってきていません。

今の洋画のゴリ押し監督はクリストファー・ノーランとJ・J・エイブラムスではないでしょうか?
他にも気になる監督は居ますが、そういう監督はなかなか監督として動いてくれないので
海外、洋画の世界では本当に難しいと思いました。

本当は今年は「リメイク版キャリー」で映画館で観るのを打ち止めにしたかったのですが、
体調と精神面が余裕が無いので、ホラー作品キャリーがトラウマになるのが怖くてNGにしました。
※東宝シネマの会員ですがやっぱりお金がキツキツなのでレイトで観ています。
邦画では園子温監督(日本人です)が好きです。詩人でもありますから台詞が詩的で魅力的なんです。

年末は大人しく相棒のスピンオフの劇場版でもレンタルしておきます。

右京さんもフィンチも007スカイフォールのQも、頭脳派役の俳優に惚れるのが今の悩みです。

イケメンのリースが断然に公式人気投票一位なのにどうしてもフィンチに票を入れてしまう私でした。



パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]
(2013/10/02)
ジム・カヴィーゼル、マイケル・エマーソン 他

商品詳細を見る




【Amazon.co.jp限定】 スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイ (Amazon.co.jp 限定特典映像 DVD・コミックブック付き) スチールブック仕様 (3枚組) (完全数量限定) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイ (Amazon.co.jp 限定特典映像 DVD・コミックブック付き) スチールブック仕様 (3枚組) (完全数量限定) [Blu-ray]
(2014/01/08)
クリス・パイン、ザッカリー・クイント 他

商品詳細を見る











訂正 → 製作総指揮 J・J・エイブラムス、ジョナサン・ノーラン

『PERSON of INTEREST 』は米国CBSで放送されているテレビドラマ。
製作総指揮はJ・J・エイブラムス、ジョナサン・ノーランほか。
ニューヨーク市の凶悪犯罪を防止するために奔走する謎の億万長者(マイケル・エマーソン)と、
彼によって雇われた元CIAエージェント(ジム・カヴィーゼル)の活躍を描くクライム・サスペンス。

CBSで2011年9月22日に放送開始。2011-12シーズンのシーズン視聴者数ランキングでは13位となり、
同年の新作テレビドラマ(コメディを含む)では最高位に付けた。

日本ではAXNにて、2012年7月22日にプレミア放送。2012年8月19日よりレギュラー放送開始。

2012 第38回ピープルズ・チョイス・アワード 新テレビ・ドラマ賞
『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』 が受賞


おまけ。セカンドシーズンでジョナサンノーランが監督デビューを果たす。
LOSTから多数の俳優陣が参加している。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?