FC2ブログ

青の石柱

  06, 2013 03:02


ブログ用


諸星大二郎の新刊(短編集)買いました。
「生物都市」はやっぱり設定のSFが斬新過ぎて、何度、短編集に収録されても飽きない。

オチがとんでもなかった「男達の風景」これも何度読んでもオチまでの話の展開が上手過ぎて
どうしても再読してしまう。

今回、初めての収録になった「失楽園」は、色々なタイプの作品を描いてきて、
結局が人間の業の罪に帰る展開で、諸星節が最後の主人公の台詞に込められていた気がします。

あの諸星氏でさえ、葛藤はあったんだろう。
いや、諸星氏だからこそ、先が見えていたから、あのエンディングなのかと
警鐘的な作品でかなり考え込みました。

私の居場所は何処なんだろう?

娯楽とは程遠いジャンルの漫画ですが、死ぬまでには全部の作品を読みつくしたいです。




諸星大二郎特選集 男たちの風景 (ビッグコミックススペシャル)諸星大二郎特選集 男たちの風景 (ビッグコミックススペシャル)
(2013/10/30)
諸星 大二郎

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?