FC2ブログ

映画「バタフライエフェクト」

  03, 2013 16:55

バタフライエフェクト


人生の乗り換え、誰もが一度は心に願う行為を主人公は父親から受け継いだ才で実行する、
が、常に誰かが不幸になる。

恋人の自殺に苦悩した主人公は最初の人生の乗り換え(バタフライエフェクト)で
恋人を救うが次は恋人を守る為に殺人犯として獄中送りになる、
絶望の監獄での生活(新入りの儀式のホモセックスを強要させられるトコまでいく)
道の無くなった主人公は面会で母親が持って来た日記から、バタフライエフェクトで次の人生へ飛ぶ。
そこで見た光景は親友が四肢麻痺になり彼も病院の独房で絶望の日々を過ごしていた、
お前のせいでこうなったと主人公を罵倒する、
子供時代に悪戯心で「あのダイナマイトさえ爆発させなかったらどうなっていたか?」
そして次の選択肢のバタフライエフェクトでの次の世界では
とうとう自分の手足が欠損した人生になってしまい芋虫としてさげすまれる。
愛する恋人も前記の四肢麻痺の親友の恋人の設定に書き換わっていた事を知り自殺する。
が、皮肉にも自殺を止めたのが、彼が刑務所送りの原因になった恋人の兄で
手足が無い状態での最後の賭けとしてバタフライエフェクトを実行しようと模索する。

実は、バタフライエフェクトと言う映画は
オチが多数存在する事が判明
何処でバタフライエフェクトをストップするかで、誰がハッピーな状態でラストになるかが
この映画でのポイントになっています。

次の世界では全てが主人公の空想で幼児期に恋人を死なせてしまったショックで
バタフライエフェクトと言う空論を作り出し、人生を何度も何度も書き換えている
妄想が支配する病気の患者として精神病院で暮らしています。
ここで、父親も同じ病気だったと医者が母親に宣告しています。
(脳構造や精神状態が子供に遺伝するのかと母親は映画の冒頭で執拗に医者に質問しています。)
(そして大学での成績は常にAだったと記憶力の力が普通ではない父と子の事もリンクできました。)
多分、ココが最初のバージョンの終わりだと思います。
この映画の冒頭、最初、ノートに最後のメモを書く動画とリンクしてましたから、多分。
この最後のバタフライエフェクトの実行で何処に行ったか、行けなかったのか
多分、見た人は、本当に
バタフライエフェクトしていたのか、空想だったのかと悩んだと思います。

主人公が日記やノートに何かを書き、その文字が浮かび上がる時に
バタフライエフェクト現象が主人公の脳内で起こり、記憶が書き換えられていく映像美に
ちょっと、酔ったりしますが、主人公はその度に、やる度に、鼻血の量が吐血が増えていきます。
やり過ぎると死につながるバタフライエフェクトでした。

私が見たレンタル版はコンプリート版で、全部のオチが収録されていました。
ネタバレします。

本編では愛してやまなかった恋人をと守るには、彼女と最初から何も無かった事にする

過去に飛んだ主人公は敢えて、恋人に対して大嫌いだと大嘘の呪いの言葉を吐きます。

そして、その世界では誰も不幸な未来にはなっていませんでした。
ただ、それからの主人公だけが恋人になっていたはずの彼女を想い続け
大人として会社に入り、リーマン生活の中で、偶然、すれ違った女性(恋人)の普通な姿を見て
そこでレンタル版は終わっていました。

彼もその選択肢で満足したのか、私もそこで満足しました。
(別の世界では彼女は売春婦にまで堕ちていましたから)

で、スタッフロールが終わったら、
映像特典・「ストーカー版」「ハッピー版」
こんな、オチ付きが待ってました。

「ちょっとマテ!!」
みたいな、特典映像でした・・・・・。見ないほうがいいです。


この人の映画解説の方が親切かもです。
下記の色文字クリックむで別ページに飛びます。

バタフライ・エフェクトを久しぶりにじっくり見る。【超ネタバレあり】

ジャンルはミステリーですが、途中から恋愛系要素も濃くなっています。
男性でもバタフライ効果が為になる映画です。
人生の選択肢について考えてみませんか?



バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
(2005/10/21)
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート 他

商品詳細を見る











関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?