FC2ブログ

「園子温監督」特集

  04, 2013 02:57

T-JOY系列で絶賛上映中です。
東宝系しかチェックしていなかったので見忘れるトコでした。


地獄でなぜ悪い

『地獄でなぜ悪い』は、2013年制作の日本映画。園子温監督。

2013年8月29日(現地時間)、第70回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で公式上映され、上映後は約1200人の観客から7分間のスタンディングオベーションを送られた。9月15日、第38回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門観客賞を受賞した。

園子温、両親が教師。愛知県豊川市出身。17歳で詩人として、『現代詩手帖』や『ユリイカ』等に投稿し、
「ジーパンを履いた朔太郎」と評される。

2001年以降はメジャー映画会社とも手を結び、代表作には『愛のむきだし』や『冷たい熱帯魚』がある。
近年ではテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ『時効警察』第4話・第6話に脚本・演出で参加し、
続く『帰ってきた時効警察』第3話・第6話にも脚本・演出で参加している。

奥さんは女優の神楽坂恵で園子温監督の作品で全裸で演技するほどの本気女優。

原発問題をテーマにして、福島原発後の近未来での原発事故について「希望の国」と言う映画を
製作するも、スポンサーからことごとく逃げられた事も有名。

過去の自分のブログでも掲載しているので参照して欲しい。
下記の色違い文字クリックでページに飛びます。

希望の国(希望無き国)

今回は昔から練っていたお笑い原作を解禁。「希望の国」でのダーク路線の反動とも言われている。
「友近」がヤクザの奥さん役になったのは園子温監督が「友近」にラブコールを贈った為だと
言われている。 記者からは「奥さんにバレたらどうするんですか?」
と、苦笑された突っ込みを入れられたが「妻が帰ったので言いました。」と平然と語った。

この人は売れる前はアメリカで浮浪者みたいな生活をしながら映画の企画を売り込んでいたので
発想は普通の日本人とはケタが違います。











関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?