FC2ブログ

9月に読んだ本

  03, 2013 05:12

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:610ページ
ナイス数:36ナイス

死化粧師(7) (フィールコミックス) (Feelコミックス)死化粧師(7) (フィールコミックス) (Feelコミックス)感想
購入して読んだのはかなり前ですが、作者がブログで最後は辛い展開に・・と書いてありましたが、休筆時に心境の変化があったのか、ハッピーエンドで終わって良かった。今まで三原作品はオチが突き放して幸せなのか解らない展開でしたが毒姫に続き、伏線回収と幸せエンドで本当に良かった。人の生死に関わる話だけに、最後の作者からのコメントで、どうしようもなく甘かった人の死についての考え方をあらためて考えさせられました。永久保存版漫画です。最終話に向けて予想以上の展開でレビューを書く事すら難儀でした。
読了日:9月19日 著者:三原ミツカズ
Newtype (ニュータイプ) 2013年 10月号 [雑誌]Newtype (ニュータイプ) 2013年 10月号 [雑誌]感想
最近のアニメはほとんど見ていません。たまに見逃したアニメの設定確認に読み返すくらいです。最近はFSS復活が嬉しいところです。海外特撮映画の紹介(CM?)これが嬉しいかな。レビュー書いている人もFSS目的が多いのですが、FSSの連載が無くなると売り上げ大丈夫なんだろうかと余計な心配してます。夢枕獏の新・キマイラ紹介が嬉しかった。表紙が三輪士郎に変わったのも、ちょい、嬉しい。最近はアニメに対する熱が冷めてて、漫画や小説で満足してます。
読了日:9月19日 著者:
ULTRAMAN 3 (ヒーローズコミックス)ULTRAMAN 3 (ヒーローズコミックス)感想
漫画としてしか円谷ウルトラマンを見れない悲しさもあります。元ウルトラマンと息子との会話で「私にかけられた呪いがそれを許さない・・お前がウルトラマンになる事を強く望んでいるんだ」そのページの次に過去のウルトラマンと今のウルトラマンの対比画があって、過去からのメッセージみたいで展開がやきもきしてます。別件なんですが、「ウルトラマンが泣いている」孫・円谷英明・著)この本で円谷プロがバンダイとパチンコ会社に買収され、経営陣から円谷一族は追放された経緯がありますが、天国の円谷英二氏にこの漫画の感想を聞きたいです。
読了日:9月11日 著者:清水栄一,下口智裕
進撃!巨人中学校(2) (少年マガジンコミックス)進撃!巨人中学校(2) (少年マガジンコミックス)感想
多分、原作漫画ファンよりもアニメから進撃を好きになった人用のギャグ漫画だと思いました。マガジン公式が便乗して遊んでいるだけ。私は単純に性格描写に笑えました。エロ要素や同性愛展開を見たい人は、ここで面白くなかったと書く前に、自分の好きな要素のある(ネットでもサンプル見れる)同人誌買ったほうがいいと思います。
読了日:9月11日 著者:中川沙樹
進撃!巨人中学校(1) (少年マガジンコミックス)進撃!巨人中学校(1) (少年マガジンコミックス)感想
本家以外の作品・漫画類は買わないと心に決めていたのに、噂に負けて買いました。エレン(別名・チーハン)がこの漫画でアイタタ過ぎる性格を原作よりも上手く引っこ抜かれてます。ミカサもエレンが側に居ないと哀愁オーラを発症する病気持ち。おまけに周囲まで哀愁病に感染。進撃キャラの性格設定を見事にギャグ化させてました。巨人への憎しみが「弁当を取られた」と言う設定でライトですが、笑わせるのには充分過ぎでした。突っ込みを入れたくなる公式設定を簡単にギャグとして描いていたので突っ込みギャグ漫画としては成功でした。
読了日:9月11日 著者:中川沙樹
聖☆おにいさん(9) (モーニングKC)聖☆おにいさん(9) (モーニングKC)感想
相変わらずネタがなくならない聖人漫画。まさかのジョブズの天界での活躍も時事ネタ取り入れていてさすが。映画は前回の特典DVDがダメダメだったので観ていません。漫画だけで満足。マーラって案外可愛い設定で笑えました。単純に笑える漫画でささくれた心が癒されます。
読了日:9月3日 著者:中村光
奴隷区 僕と23人の奴隷(3) (アクションコミックス)奴隷区 僕と23人の奴隷(3) (アクションコミックス)感想
小説版と展開が違いました。中央アタルが漫画では良い人風ですが。さすがに犬のズシオウマル視点の小説では漫画としては苦しむので、こっちを先にしたんでしょうね。これからどんどん話がエグイ展開になってしまうと思うと、漫画家さんも大変だと思います。4巻が楽しみです。
読了日:9月1日 著者:岡田伸一

読書メーター


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment 0

What's new?