FC2ブログ

軽くワンクッション、3Dカスタム動画最近、観る映画や漫画がことごとく黒化なので憂鬱状態です。海外ドラマ『PERSON of INTEREST 』のボックス特典に付いてきた、期間限定特典 『海外ドラマの日』メジャースタジオ選抜 海外ドラマ特集 DVD ←内容 8作品 第一話のみ収録やっぱり『ザ・フォロイング』が今時風味過ぎて観た後に黒化しました。サイコサスペンスですがこの人殺し教授は刑務所で看守を自分の崇拝者にしたり、刑務所の...

電脳化が進む現代に警鐘を鳴らす物語『ダークナイト』等のクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるS­Fサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、人類や­世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』『マネーボール』な­どの撮影を手掛けてきたウォーリー・フィスター。ジョニー・デップ、モーガン・フリー­マンら、実力派スターが顔をそろえる。電脳化が進む現代に...

American Horror Story: Asylumアメリカン・ホラー・ストーリー: 精神科病棟編アメリカンホラーストーリー・アサイラム日本公式 ttp://video.foxjapan.com/tv/ahs/asylum/American Horror Story 一期 (American Horror Story: Murder House)でも登場した女優・俳優が大勢出てきますが今回は一期での迷惑なおせっかいな隣人おばさんであり、中盤から謎を知りつつ私欲に走った故にとんでもない結果になる人(ジェシカ・ラング)でし...

無限地獄で足搔く二人・・・アホほど有名な日本「ダブルフェイス」アメリカ「ディパーテッド」でリメイクされた映画の元ネタ映画がこの「インファナル・アフェア」 「ダブルフェイス」を先に見てしまった方なら内容がほぼ同一過程で進んでいくので先が読めてしまって、これ以上、耐えられない展開に私は途中で観る事を放棄しました。「ダブルフェイス」以来、この系統の映画は心理描写が如実に特化しているので「ディパーテッド」...

PERSON of INTEREST season2 総感想

 07, 2014

OPナレーション※ハロルド・フィンチ(IT世界での偽名・本名、素性・経歴は未だに不明)(ITの創設者、どんなセキュリィも簡単にハッキングする天才プロラマー)「我々は見られている。政府の極秘のシステム"マシン"によって常に監視されている。開発したのはこの私だ。テロ行為を未然に防ぐためにマシンを設計したが、一般人を巻き込む凶悪犯罪も検知する。政府には"無用"の犯罪だ。政府は何もしないので、私が防ぐと決意した。まずは...

映画「イノセントガーデン」  

 03, 2014

我慢できない狂気=欲望「イノセントガーデン・日本公式サイト」http://www.foxmovies.jp/innocent-garden/DVD宣伝用の紹介動画だけで何の前知識も無く観ましたが・・・ミステリーと言うよりも現代版ダークファンタジーのように思いました。最初は不気味な叔父(母親を誘惑する叔父設定)からストーカーされていますが、叔父は最初から目的は母親ではなく彼女の内にある「自分と同じ狩る者」「自分と同じ狂気の血族」の特性を見抜い...

映画Memento 嘘吐きの世界で・・

 03, 2014

監督クリストファー・ノーラン 脚本ジョナサン・ノーラン 原案クリストファー・ノーラン 製作ジェニファー・トッドスザンヌ・トッド 製作総指揮クリス・J・ボールアーロン・ライダーウィリアム・タイラー 出演者ガイ・ピアースジョー・パントリアーノキャリー=アン・モス 音楽デヴィッド・ジュリアン 撮影ウォーリー・フィスター 何度もクリストファー・ノーラン監督の映画ばかりを扱っていますが人間不信の私には無視できない映...

4月に観たビデオ

 02, 2014

4月の鑑賞メーター観たビデオの数:4本観た鑑賞時間:529分ファイト・クラブ [DVD]タイトルでバトル系と誤解されやすいのが可哀想な映画。デヴィッドフィンチャー監督だからこその展開。何でも出来る理想像のタイラーと何も出来ない主人公が終盤で同一人物だと種明かし。そこで終わらずに主人公がタイラーと言う人格と対峙し自分を殺すことで同化し、嫌っていたハズのマーラを助けビルの崩壊と描かれてはいないが自己責任としてマ...

『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』 第4話

 02, 2014

香川照之氏が演じる大杉刑事今回は超展開でいきなり敵だとばかり思っていた中神が登場して真相を告白。(これも後から嘘発言だったらと、何も信じられなくなっている自分)スピード感がダブルフェイスに戻ったようでハラハラしながら観ました。公安の倉木(西島秀俊)の疲労した顔にも慣れてきましたが、大杉刑事(香川照之)の家族へ対する演技については、俳優の演技を超えた何かを感じました。リアル描写が製作スタッフのこだわりな...

4月に読んだ本

 01, 2014

2014年4月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:1459ページナイス数:61ナイス聲の形(3) (少年マガジンコミックス)の感想主人公は不器用なんだなぁと思いました。真っ直ぐに生きようとした為に聴こえない西宮に酷い事をしてクラスから孤立→イジメターゲット。でも根は悪ではない。障害に負けず真っ直ぐに生きようとする西宮は自然体で素敵です。そこが軸で主人公と西宮が再会する事で過去の殺したいくらい嫌いな自分と...