FC2ブログ

正義と道徳と暴力での制圧

 05, 2013

映画ネタばかりでごめんなさい。自分が悪人になりそうな時は、ノーラン版の「バットマン」を見るか、桂正和の「ZETMAN」を読むかにしています。!!ネタバレ注意!!一巻では、幼少期のジン(ZETMAN覚醒前)が育ての親であり、作った親でもある神崎に人間としての道徳感を教わります。(ジンは人間ではないので植え付けの感情でしか認識できないから)桂正和さんはウイングマン(最終回あたりしか見てませんが・・・)で、夢が実現化する...

読書ばかりの2月だったのね。

 01, 2013

2013年2月の読書メーター読んだ本の数:26冊読んだページ数:5986ページナイス数:26ナイス脳男 (講談社文庫)の感想茶とらさんの感想に同意。導入部は茶屋刑事視点での連続爆破の経緯、中盤から精神鑑定医の女医からの視点で「鈴木」と言う男性の成り立ちについての研究心と共に読者は一気に女医と同化し鈴木の正体を知ろうと奔走する。そしてスーパーマンでありホームズである鈴木の魅力に翻弄される。同時に頭の固い茶屋刑事と人...